痛風の最善の治療はうまくつきあう事!生涯治療の目的や理由を理解しよう

痛風治療の中断は命とり

痛風の最善の治療はうまくつきあう事!生涯治療の目的や理由を理解しよう

痛風の治療は生涯に渡るだけに、途中で断念してしまう人が非常に多いと言われています。

 

そこで、この治療を続けるためには、痛風治療の本当の目的をキチンと理解する必要があります。

 

  • どんな薬を何のために飲んでいるのか?
  • 薬をやめるとどんな事態になるのか?

 

この2点は、今一度確認しておきましょう。

 

痛風の治療を中断すると

 

  1. 痛風の際に使う薬は、痛風の発作の痛みを和らげるもので、痛風の原因の尿酸値を下げる薬ではない。
  2. 痛風発作がおさまり、自覚症状がない時期があるが、ここで治療を辞めると生活習慣病・腎不全・尿毒症を起こす可能性が高まる
  3. 糖尿病や高血圧症などを起こしてしまうと、動脈硬化を促進する要因が増え、虚血性心疾患や脳血管障害と言った命にかかわる事態をまねくこともある

 

痛風の治療を甘くみていると、思わぬ結果をまねくことになり兼ねません。

 

尿酸コントロールの治療には、食事療法や生活習慣の見直しも、必要ですが薬物療法があってのことだということを忘れないでください。

 

尿酸値だけでなく、クレアチニンの数値にも注意が必要


痛風=尿酸値が高い」と言うイメージがありますが、尿酸値が高くなる原因は、@尿酸の排泄阻害 A尿酸の産生過剰とお伝えしました。

 

排泄阻害は腎臓などの排泄機能に問題があり尿酸を上手く対外排泄できなくなった時におきますが、その時に注意しておきたいのが、クレアチンの数値です。

 

クレアチニンとは

クレアチニンはアミノ酸の一種が代謝してできた物質で、尿酸と同じく老廃物で、血液中のその数値を見て筋肉の病気腎臓の機能低下度合いを調べることができます。

 

筋肉が多いと数値が高いので、女性に比べて男性の方が数値が高い傾向にありますが、クレアチニンの数値が高いと腎臓が正常に働いておらず、腎臓に何らかの障害が発生していると言う事を意味します。

クレアチニンの基準値

 

  • 男性:0.5〜1.10g/dl
  • 女性:0.4〜0.7mg/dl

参照:日本人間ドック協会

 

クレアチニンの判定基準は

クレアチニンが基準値より高いと腎機能に異常が、逆に低いと筋肉に異常が有ると判断します。

日本人間ドック学会の判定基準

 

  1. 男性が1.2〜1.3mg/dl、女性が0.9〜1.0mg/dl:経過観察
  2. 1.5mg/dl超え:中程度の腎不全
  3. 2.4mg/dl以上:重症の腎不全
  4. 10mg/dl:人工透析が必要

 

直接は尿酸値には関係有りませんが、腎臓が低下して尿酸の排泄障害が起きると尿酸値の上昇につながるので、尿酸値が上がった場合はクレアチニンの数値も疑ってみましょう。

 

【参考】尿酸値だけでなく、クレアチニンの数値に悩んでいる方おすすめのサプリメント

 

生涯治療の主役は患者本人

痛風の発作が起こった時は、激痛から逃れたいが為に皆さん病院に駆け込みます。
そして診察を経て「痛風」と診断され、発作に対する対処療法がなされ、尿酸値コントロールへとプログラムに沿って行われます。

 

ほとんどの人が痛風の発作がおさまり、尿酸値が正常値近くまで下がると勝手に治療をやめてしまいますが、これでは後々痛風発作を繰り返すことになりかねません。尿酸値は治療を怠るとあっという間に元に戻り、いつ発作が起こってもおかしくない状況に逆戻りしてしまいます。

 

生涯治療は患者自身が責任を持って自己管理する必要があります

 


「薬を飲む」「薬を飲まない」・・・痛風発作の激痛や合併症に悩まされる事を思えば、それぐらいの我慢はたやすい筈です。

 

更に言うと生涯治療では、薬の服用以外にも、食事や飲酒、ストレスや運動などと言った生活スタイルの改善も必要になってきます。

痛風改善の為に生活習慣を見直さないと

痛風と合わせて起こしやすい病気は高脂血症と糖尿病同様に、代謝異常によって起こります。
痛風患者には、これらの病気のどちらかを、あるいは両方持ち合わせている人が少なくありません。そして、こうした人達に共通して見られるのが肥満症です。

肥満症

がっちり肥満には要注意

 

肥満症は痛風、糖尿病、高脂血症の接点だと考えられます

 

痛風の人は、健康な人に比べて総摂取エネルギー量が明らかに高くなっています。その為、肥満症を合併しやすいと考えられるのですが、一般に痛風の人の場合、標準体重を大きく上回っていても、外観はガッチリした筋肉質の人が多いようです。実際に力士の60%が高尿酸血症であると言う報告もあります。

 

尿酸代謝と肥満の関係は複雑で、わからない点も多いのですが、身長と体重から割り出した肥満度だけを重視するのではなく、脂肪組織そのものの増加量や、脂肪と筋肉との割合を調べることが大切でしょう。

 

痛風の治療や合併症を予防するためにも、肥満の改善はとても重要です。

 

ただし、急に体重を減らすと、尿酸が急速に増えて尿酸発作を起こしやすくなります。減量する際は、バランスのとれた食事を心掛け、1ヶ月に3キロぐらいを目安にしてダイエットしましょう。

高脂血症

高カロリー食と尿酸による善玉コレステロールの低下に要注意

 

美食家、酒好き、牛肉などの動物性タンパク質の食事が多い。高脂血症の原因には痛風の原因と重なる部分が沢山あります。そんなこともあり、痛風患者が高脂血症を起こしやすいのも当然のことです。

 

高脂血症とは血中の総コレステロールが220mg/dl以上、あるいは中性脂肪が150mg/dl以上になった状態です。中でも痛風と合わせて起こる高脂血症の場合、特に中性脂肪の増加が目立ちます。総コレステロール値はそれほど高くならなくても、善玉コレステロール(HDLコレステロール)の低下が目立ちます。

 

中性脂肪増加の主な原因は、飲酒や過食による高カロリー摂取です

 

中性脂肪はアルコールや糖質によって合成が促進されるものなので、酒や糖分を制限して減量するだけでも、血液中の中性脂肪はかなり減らすことができます。

 

また、尿酸には高脂血症を予防する善玉コレステロールの働きを低下させる作用があり、尿酸値が高い人程、高脂血症を起こしやすくなります。

 

更に善玉コレステロールが少なくなると、動脈硬化が起こりやすくなり、心筋梗塞や狭心症等の虚血性心疾患の引き金になり兼ねません。

 

善玉コレステロールの働きが不足している人は、過度な運動と禁煙を心掛けるようにして下さい。

糖尿病

過食・肥満に運動不足が大きく影響

 

糖尿病はインスリンと言うホルモンが不足して、体内の糖をうまく処理できなくなり、血液中の糖の数値(血糖値)が異常に高くなる病気です
その為、糖が尿にそのまま出てしまい、放置すると神経や網膜、腎臓等に障害が出てきます。

 

糖尿病は様々な合併症を引き起こしやすく、痛風もその一つです。血糖値と尿酸値の間には明らかに相関関係があり糖尿病の人は痛風を起こしやすく、逆に痛風の人もかなりの確率で糖尿病になります。

 

糖尿病のタイプはインスリン依存型インスリン非依存型の2つのタイプがあり、痛風と関係が深いのはインスリン非依存型の方です。このタイプは遺伝的な物も関係していますが、過食や肥満、運動不足など後天的な要素も大きく影響しています。

 

過食によって肥満になると、インスリンの需要が大きくなるため、通常よりも多くのインスリンが分泌されるようになります。この状態が長く続くと、インスリン分泌細胞は疲れ果てて、糖を処理するために必要な量のインスリンを分泌できなくなってしまうのです。

 

肥満体の痛風患者は糖尿病も起こしている場合が多く、逆に肥満でない患者には少ないことも分かっています。なので、痛風に併発する糖尿病の多くは、体重をコントロールすることで防ぐことができます。

 

まとめ

痛風の治療は一時的ではなく一生涯に渡って必要だとご紹介しました。

 

男性も女性も歳をとって中年になると、色んな生活習慣病も出て来ます。それらの全ての原因は生活習慣の乱れにありますので、日頃から暴飲暴食は避けて、適度に運動をして、自己管理に努めて下さい。

 

食べたい、飲みたい気持ちは解りますが、どちらも腹八分で、常に体が軽い状態でいましょう。

 

新成分ブロリコについての資料が貰えます。「東大との特許成分で糖尿病と闘う新成分」なので、ゲットしてくださいね。

 

痛風の最善の治療はうまくつきあう事!生涯治療の目的や理由を理解しよう

痛風について初めから確認したい方、具体的な痛風の対策、痛風を予防をしたい方はトップページから詳細を確認できます。
オススメの痛風改善サプリメントも紹介しています。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

痛風の診断基準
痛風は医者に行かなければ治らない。そうお思いの方の為に自宅で痛風を治す方法を紹介をしているサイトです。(^_^;)生活習慣の見直しが、一番の痛風治療ですが、併せてできる漢方薬やサプリメントもご紹介します。
痛風の症状
痛風は足が痛いだけではありません。尿酸値が上がってできる病気で関節炎の一種。怖いのはその背景にある高尿酸血症です。放置していれば、生命の危機を及ぼす大病に・・・。痛風の症状、その先についてご説明しています。
痛風の原因
痛風はビールの飲み過ぎでなるという都市伝説があります。プリン体の摂り過ぎは確かに尿酸値が上がります。痛風の原因の一つではありますが、プリン体の摂り過ぎが原因の確率は非常に低いですものです。痛風の原因について詳細を解説しています。
痛風になりやすい人
痛風になりやすい性格やタイプがあります。美食家とか贅沢な人、大酒飲みがなる病気の様に思われますが、実は性格によってなる確率が飛躍的に上がるものがあります。痛風の遺伝神話も事実かどうか一緒に確認してみましょう。
痛風と似た病気
痛風には似た病気が存在します。医者に行かなけくても症状を知っていればある程度は推測できます。その間違えられる病気を幾つかご説明します。いずれも関節に起こる症状なので、痛い痛くない関係なく医師の診断を受けましょう。
痛風の合併症
痛風は糖尿病同様に合併症のデパート比喩されます。痛風発作で気付き、我慢強く治療をすればいいのですが、痛風発作の痛みや腫れがひいたら止めてしまう。合併症にならないように完治するまで根気よく治療しましょう。