痛風の原因はビール飲み過ぎだけでない!食事や薬に運動と尿酸値が上がる要因あれこれ

痛風は何故起きるのかを把握するのが改善への近道

痛風の原因はビール飲み過ぎだけでない!食事や薬に運動と尿酸値が上がる要因あれこれ

痛風を引き起こすのは血液の中にある「尿酸」です。

 

血液中の尿酸値が上昇(高尿酸血症)

血液中に溶けきれなくなった尿酸が結晶化(尿酸塩)となって
関節周辺に沈着し、ある日突然に強い炎症を引き起こした状態
が「痛風発作」です。

 

 

尿酸(UA)の基準値

 

2.1〜7.0mg/dl

参照:日本人間ドック協会

 

高尿酸血症とは血液100ml中に7.0mg/dlの尿酸を超えた状態

 

この程度なら殆ど痛風発作は起きませんが、10mg/dlを超えれば5年以内に痛風を発症する確率が30%と言われます。

 

尿酸値が高くなると関節の中で尿酸が結晶化して溜まっていき、その結晶が剥がれ落ち白血球が尿酸の結晶を食べてしまうと、白血球に含まれる物質が撒き散らされて激しい痛みを引き起こします。

高尿酸血症は、排泄低下型産生過剰型混合型に分けられます。

  1. 排泄低下型:腎臓からの尿酸の排泄が悪くなり尿酸があふれるタイプ
  2. 産生過剰型:体内で作られる尿酸が多く排泄量を上回り尿酸が溜まるタイプ
  3. 混合型:排泄低下型と産生過剰が混ざったタイプ

 

日本人の高尿酸血症は大部分が排泄低下型ですが、最近は産生過剰型と曖昧になりつつあります。

 

腎臓の機能が低下すると腎臓が尿酸を尿に充分に排出できなくなり血液中の尿酸値が高くなります尿酸はプリン体が肝臓で分解され、老廃物としてできるので、プリン体の増加が尿酸の増加につながります。

 

腎臓や肝臓が悪くても、尿酸値は上がりやすいと言う事です。

 

【参考】尿酸値だけでなく、クレアチニンの数値にも注意が必要

 

 

また、生活習慣などから尿酸値が高くなる要因が幾つかあります。

 

どのタイプにしても、治療を行う時に必要なのは

  • 「何故、尿酸の排泄が低下したか?」
  • 尿酸が過剰に作られたのは何故か?」

を明らかにすることです。

 

 

痛風の発作が起きやすい状況は

痛風発作は尿酸が体内で増えた時、尿酸値が急激に上昇する時に起こります。

 

プリン体は尿酸の原料となる物質で大きく2つに分類されます。

  1. 食事から摂るもの
  2. 体内で合成されるもの

 

体内で合成されるものが全体の70%、
食事から摂るものが全体の30%。

 

食事が原因の確率は実際は低くなっています。

 

痛風は複数の要因が重なり合って発生するんです。

 

 

尿酸値が高くなる要因一覧

 

1.過食

レバー、魚介類のタマゴ、干物等のプリン体が
多い物を摂取し過ぎると体内にプリン体が増え、
尿酸の量も増えてしまいます。

 

また、過食家や美食家は高カロリーの食事に
なりがちで肥満の原因になります。

 

肥満は尿酸の排泄が悪くなってきますので、
体内の尿酸量が増加していきます。

 

 

2.アルコールの飲み過ぎ


アルコールは尿酸の生成を促進して
尿酸を排出する腎臓の働きを妨げます。

 

尿酸の80%は尿によって排出されますが、
アルコールを摂ると水と中和してしまい
優先的に排出されてしまいます。

 

その結果、体内に水分が不足して、
尿酸の濃度があがってしまいます

 

 

3.ストレス


内臓機能や腎機能低下に仕事が忙しくして、
日々ストレスを感じていた時には要注意。

 

アドレナリンの分泌が増えて、血管の収縮が起こり
尿量が減って尿酸も排泄されにくくなります。

 

管理職は特に痛風にかかりやすい、
中高年に痛風患者が多い一因です。

 

 

4.激しい運動・サウナ


汗を大量にかいて水分を補給しないままでいると
体内の水分が不足し、関節内の尿酸の濃度が
上がってしまいます。

 

水分が不足すると尿酸排泄が上手く行かず、
体内のプリン体も増加してしまいます。

 

 

プロのスポーツ選手は若い頃から練習や試合で
体を酷使し、必要以上に汗をかかないように
水分摂取を抑えがちです。

 

その事が痛風にかかりやい原因だと言われています。

 

 

5.痛風治療薬で尿酸値が急激に下げた時


尿酸降下薬を処方量以上に服用した時に
起こります。

 

痛い気持ちは解りますが、逆に痛風発作が
酷くなりますので処方箋の服用は医師の指示を
守るように。

 

6.その他要因


キツイ靴を履いて長時間歩いた時とか冷房の中とか
寒い日に下半身を冷やした時にも起こりやすくなります。

 

原因は血流が悪くなるからで、尿酸も血管に溜まりがちに。

 

 

まとめ

痛風発作は、様々な要因が混ざりあって起き、悪化します。

 

思い当たることがありましたら、その要因を一つ一つ潰しておきましょう。

 

特に高尿酸血症になってしまった場合はタイプを見極めて、
タイプに合った治療が必要となります。

 

そうならない為にも、日頃から暴飲暴食は避けて、

適度な運動をしてストレスも溜めない生活を心掛けましょう。

 

痛風の原因はビール飲み過ぎだけでない!食事や薬に運動と尿酸値が上がる要因あれこれ

痛風について初めから確認したい方、具体的な痛風の対策、痛風を予防をしたい方はトップページから詳細を確認できます。
オススメの痛風改善サプリメントも紹介しています。
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

痛風の診断基準
痛風は医者に行かなければ治らない。そうお思いの方の為に自宅で痛風を治す方法を紹介をしているサイトです。(^_^;)生活習慣の見直しが、一番の痛風治療ですが、併せてできる漢方薬やサプリメントもご紹介します。
痛風の症状
痛風は足が痛いだけではありません。尿酸値が上がってできる病気で関節炎の一種。怖いのはその背景にある高尿酸血症です。放置していれば、生命の危機を及ぼす大病に・・・。痛風の症状、その先についてご説明しています。
痛風になりやすい人
痛風になりやすい性格やタイプがあります。美食家とか贅沢な人、大酒飲みがなる病気の様に思われますが、実は性格によってなる確率が飛躍的に上がるものがあります。痛風の遺伝神話も事実かどうか一緒に確認してみましょう。
痛風と似た病気
痛風には似た病気が存在します。医者に行かなけくても症状を知っていればある程度は推測できます。その間違えられる病気を幾つかご説明します。いずれも関節に起こる症状なので、痛い痛くない関係なく医師の診断を受けましょう。
痛風の合併症
痛風は糖尿病同様に合併症のデパート比喩されます。痛風発作で気付き、我慢強く治療をすればいいのですが、痛風発作の痛みや腫れがひいたら止めてしまう。合併症にならないように完治するまで根気よく治療しましょう。
痛風は生涯治療
痛風は生涯治療です。目的や理由が明確で無いと続きません。ここでは、何故生涯治療なのかを詳しく説明します。